top of page

「ペアレント・トレーニング入門」講座を実施しました

流山市で子育てをしている方を対象に、流山エルズにて「ペアレント・トレーニング入門」講座を本年10月27日(金)・11月10日(金)に実施し、竹田が講師を勤めました。


「ペアレント・トレーニング」(以下ペアトレ)は、通常5回~10回のプログラムですが、今回はペアトレの基礎編である「ペアレント・プログラム」(以下ペアプロ)を2回でお伝えしました。ペアプロの骨格である「① 『行動で考える』、②(叱って対応するのではなく、適応行動ができたことを)ほめて対応する、③孤立している養育者が仲間を見つける」(アスペエルデの会、平成26年)に沿った内容としました。


講座の中で参加者同士の交流の時間を設けました。またセッション1とセッション2の間に「家族の行動をほめる」という宿題をお願いしました。参加者はそれぞれご家庭で実際に家族をほめてみて手応えを感じたようでした。


私たちはどうしても自分や他人のできていないところを見てしまいがちです。このような物事の捉え方が増えると子育ての負担感に繋がります。ペアトレもペアプロも、「子ども(または家族)が今できているところを見つける」という考え方が共通しています。


しまうまカウンセリングでは‘24年1月に「ペアレント・トレーニング講座」を全5回の内容で行う予定です。ペアトレでは、子どもをほめるスキルについてさらに詳しくお伝えします。ペアトレのスキルを身につけ、お子さんと良い関係を築き、子育てが少しでもラクに楽しくなるようにと願っています。

(竹田)


引用文献:「楽しい子育てのためのペアレント・プログラム マニュアル」アスペエルデの会 平成26年




bottom of page