『盗賊婚礼』

更新日:2020年6月22日

鬼平犯科帳『盗賊婚礼』のラストシーン。

妻は「事は片付き」「丸く収まって」「大変なお手柄」だったと締めくくる。

対して、長谷川平蔵は「手柄か、、、」と、事情を知らぬ妻には抗せず、薄く苦笑いする。

そして、この件で、恩を受けた主人への忠義のために死んでいった一人の哀れな盗賊のことに想いを馳せ、憂いに満ちた表情を浮かべ、声を上げこう独白する。

「事は収まっても、人の心は収まらぬ。なぜ、あの雲のように、風のように、あるがままに生きていくことができんのか、、、悲しいものよ、、、」

「悲しい」のは、悲しみを雲のように流せない人間の性(さが)が悲しいというのと、先の盗賊のことがしみじみと悲しいという両方ににかかっている。

妻は雲の流れるようにそそくさと席を立って行ってしまい、平蔵だけがその想いの中にひとり浸っている。

毎度、感涙させられるエンディングである。


最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w