いろいろなセラピー

世間にはいろいろなセラピーがある。

ボディ系:マッサージ、ヨガ、トレーニング系

物質系:アロマ、アーユルベーダ、薬草

自然系:園芸療法、森林浴、自然接触系

動物系:ネコカフェ、乗馬療法、ペットセラピー

占い系:各種占い由来

スピリチュアル系:宗教、ニューエージ

自己啓発系:ビジネス、金儲け

心理系:カラーセラピー、心理テスト、ヒプノセラピー


これらは心理学由来ではない。

心を扱うセラピーだが近年の狭義の社会科学としての心理学ではない。

しかし、ちゃんとした心理学にもまぎらわしいのがある。


サイコセラピー:セラピーと名がつくがれっきとした心理学的手法。各種の心理療法。

心理検査:巷の心理テストとは全く異なる心理学的専門技法。

動作法などの各種ボディワーク:これらもれっきとした心理由来である。

無意識:無意識を扱う心理学。前世までは行かない。

マインドフルネスや内観:宗教由来の瞑想だが宗教は脱色して心理的手法となっている。

催眠:心理専門職の人たちでさえ、催眠は怪しいセラピーの類だと勘違いしている。

トランスパーソナル心理学:スピリチュアル的領域を心理学的に扱う。


結局、体、物質、心理、無意識、スピリチュアル、瞑想、催眠などの領域は

心理学と他のものが混在しているのでまぎらわしい。

扱う対象は同じでも、扱い方や切り口が心理学なのが心理学である。

効能書きから判断していただきたい。