うまくやろうとする不安

多くの人は物事をうまくやろうとする。

何かをうまくやろうとする気持ちが強いほど、

その緊張とプレッシャー感は高くなり、

うまくできないのではないかという疑念や不安が生じる。

それはうまくやろうとする不安と表裏である。

実の所、うまくいくかいかないかは未来のことである故わからないものである。

だから、不安があってもなくても、行動しさえすれば結果は変わりないのである。

ただし、不安のために躊躇したり尻込んだりして挑戦しないと、

うまくできるかどうか以前の段階に留まることになる。

本来はうまくやろうとするがための不安だったものが、

うまくやることを引き止める不安になってしまうのだ。


最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w