わけがありますくプロジェクトの2か月後

しまうまカウンセリングとは別立てで、

「わけがありますくプロジェクト」を立ち上げてかれこれふた月。

https://www.wakega-arimask.com/

マイナーに細々というつもりだったのですが、

テレビ朝日、読売新聞、朝日新聞(これから)、TBSラジオ、多くのネット記事、各種情報誌など随分とマスコミに取り上げていただきました。


東葛まいにち 2020年7月29日掲載

https://bit.ly/33pMT3I


NHK News Web 2020年7月29日掲載

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200729/k10012539661000.html

タウンニュース 川崎 2020年7月31日

https://www.townnews.co.jp/0203/2020/07/31/536736.html

Grape 2020年7月31日掲載

https://grapee.jp/851820

ねとらぼ 2020年8月1日

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2008/01/news026.html

テレビ朝日 スーパーJチャンネル 2020年8月5日掲載 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000190113.html


しまうまカウンセリングが出資した無料提供分のバッジと意思表示カードのセット1000組は早々になくなり、反響の大きさにびっくりしております。

スタッフは連日発送作業におおわらわです。


マスクをつけることができなくてお困りの方の数はこちらの想像を超えていらっしゃることがわかりました。


ゆくゆくは自治体などの団体が請け負って配布していただけることを望んでいますが、

現在はサポートしてくださる個人や団体様を募集中です。

カウンセリング開業機関や医療福祉機関などで出資参加いただければ、

そのお名前のシールをサポートしていただけるバッジの裏に貼って配布できます。

ご案内のチラシを同封することもできます。

しまうまカウンセリングだけがするというより、広く多くの所が持続的に参加していくような提唱活動だと思っています。( 主任カウンセラー鈴木義也 )







最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w