エリクソンとアドラーのパラドクス

更新日:1月19日

ミルトン・エリクソンが逆説を用いることを書いたが、

『夜と霧』のフランクルも逆説を用いて治療していたそうだ。

フランクルはある時期までアドラーの弟子であった。

もちろん、師であるアドラーも逆説の技法を用いている。

諸富祥彦先生から聞いた話なのだが、

フランクルはあるグループと一緒にアドラーと袂を分かったため、

フランクルは道ですれ違ったアドラーから無視されたそうである。

アドラーもむかついていたのだろう。

アドラーはソクラテス問答とか逆説とかの論理勝負の手法も用いる。

私は個人的には大好きである。

患者の構築しているオーソドクスな論理に対して、

逆カウンターを当てるのでパラドクス(逆説)を処方する。

エリクソンの逆説とアドラーの逆説の手法の違いはどこにあるのだろうか。

二人のパラドクスを掛け合わせたらオーソドックスに戻ってしまうというパラドクスが生じそうである。





最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w