カウンセリング嫌い

医者嫌いや薬嫌いよりカウンセリング嫌いの方が多いのではないだろうか。

医療はなんだかんだいって利用せざるおえないと思うだろうが、

カウンセリングは生涯利用せずに回避することは可能である。

というか、そうしている人の方が多い。

あえて回避しているというより、知らない、眼中にない、選択肢にない人がほとんどではないか。

嫌われるのは存在があればこそで、カウンセリングなど社会の中での存在感や認知度は低いから嫌われるまでいかない。

賛否の俎上に上がるとかなるだけうらやましい。


今までカウンセリングを回避する理由として耳にしたものを思い出してみると、、、

他人には話したくない

話しても意味がない

話すのが恥ずかしい

時間がとれない

お金が高い

洗脳される

しかられる

見透かされる、心を読み取られてしまう

前のカウンセラーはうなずくだけで何も言ってくれなかった

否定される

こちらの要望に応じてくれない


こちらとしてはカウンセリングというものについてその都度説明し、

以前にカウンセリングを受けた経験のある方には、良くなかった点がなかったかどうかをうかがい、同じ轍(てつ)を踏まないようにしている。

来談してくださった方にはなんだかんだでお話しできるが、

来られない方にはあまり手立てがない。

そんなわけで、こうしてブログを書いている。





最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w