スタンド使い

少年漫画の多くに共通する筋書きは、

普通の生身の主人公が、変身して強くなったり、

大きなロボットなどの中に乗り込んで巨大な力を発揮したり、

自分の僕(しもべ)のような手下が現れて助けてくれたりするというものである。

これは古くはウルトラセブンにおけるカプセル怪獣や、

ロボットを操縦するガンダム、

ジョジョにおけるスタンドなどである。

人馬一体というのもあるし、

現れたパートナーと人間的に交流するというものもある。

自分が強くなる、または、弱いままでも強い助け手がいるから大丈夫という願望である。

これを自我肥大などと無粋なことは言うなかれ、

大いなる勇気を少年たちにもたらしてきたのである。


心の中に現れるイメージはそういうスタンドに近いものもある。

自分の心の中にそういう助っ人スタンドがいるとわかるのは大変心強いことである。

エリクソンは無意識はあなたの味方であると述べているが、

つまり、あなたはスタンド使いなのである。


カウンセラーの仕事はスタンドの発現条件を見極めて、

それとコラボするお手伝いである。

(催眠には個人差と状況の違いがあり、必ずスタンドが出てくるわけではありません。)



最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w