top of page

不安への対処法―目標を小さなものに

私たちは日常生活でさまざまな不安と向き合いながら暮らしています。


  • 人と話すときに相手に不快な思いを与えてしまうのではないか・・・

  • 職場で失敗をするのではではないか・・・


上のような不安は毎日を苦しくしてしまいます。このような不安の背景に、次のような考え方はないでしょうか。


  • 人と会うときは、相手に不快な思いをさせたらダメ。人に嫌われてしまうかもしれないから・・・

  • 仕事では失敗しては絶対ダメ。失敗したら周りに迷惑をかけてしまうから・・・


いずれも完璧を目指す考え方だといえるでしょう。「100かゼロか」「少しでもできないことがあったらダメ」という考え方ともいえるでしょう。


ということは、上のような不安が浮かんだ時に100を目指すのではなくて、50とか30とか、できたら10を目指す、という考え方をしてみる、そしてそれを目指して行動してみる、という対処法があります。

10を目指して行動するのは、100を目指すよりもずっと簡単ですし、達成しすい目標と言えるのではないでしょうか。


  • 人とうまく話せないけど、ほんの少しでも(5分でも)気持ちが通い合う時間が持てればいいな

  • 職場でいつも仕事をうまくこなせるわけではないけど、前に同じ仕事をした時よりも少しでも(10分くらい)速く仕上げることができて、ミスの数も少なく(マイナス2個)できればいいかな


目標が高ければ高いほど、達成できる可能性は低くなり、不安が強くなるでしょう。まずは達成可能な目標を数字を使って具体的に考えてみることがコツです。小さな目標が達成できれば小さな自信がつきます。それを積み重ねていけば、やがて高い目標に到達することができるでしょう。




Commentaires


bottom of page