不登校の対応

更新日:2020年12月9日

カウンセリング1回で不登校が治るのかというお問い合わせをよくいただきます。

不登校といっても状況や容態は様々でひとくくりにはしにくいですが、

深刻なものもあり、それについては長期的な支援が必要です。


ではどうしたらいいかというと、

第一に、不登校が長期化する前に早めに対処することが大切です。

第二に、本人がカウンセリングに来られなくても、ご家族がカウンセリングに来られることに意味があります。ご家族と相談しながら本人への間接的なアプローチを行うからです。

第三に、焦るでもなく諦め流でもなくたゆまずに大きな視野に立って対処法することです。学校適応だけでなく、卒業後の人生をどうするかも見据えていきます。また、不登校を抱えているご家族をサポートする体制を作ります。

基本的には、このようなやり方を通して不登校に取り組んでいきます。



最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w