二つの領域

カウンセリングへの依頼に対応するとき、

二つの領域があるように感じている。

ひとつは目の前に立ち現れている現実的な出来事にどう対処していくか、

もうひとつはその背景となっているものをどうするかである。

背景とは依頼事項と関連する組織、家族、過去、対人関係、生き方などである。

両者は図と地のようなもので、表裏一体として連動している。

二つの領域のウエイトをどうするかは依頼や目標にもよるが、

両睨みで多層的多義的に見ていくものである。

こういう捉え方は力動的な視点と言えるだろう。

アドラー心理学も独自の力動的なアプローチをしている。


最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w