依頼人と請負人

更新日:2月7日

カウンセリングを希望してくる人はいろいろな呼ばれ方をする。

患者(ペイシェント)、クライエント、顧客(カスタマー)、利用者(ユーザー)、、、

それぞれの文脈があっての呼び名である。

クライエントは最も多く使われているが、

その日本語訳は「依頼者」である。

クライエントという言葉は悪くはないが、精神医療や臨床心理学の匂いがやや染み付いている。

依頼人というと探偵事務所のようである。

私は依頼者の方がしっくりくる。

治そうとするのではなく(そういう依頼を受けることもあるが)、

依頼に答えてがんばっていこうという感じになる。

利用する方はどうであろうか、

直接ではないにしろ、どう呼ばれるのがいいと感じられるだろうか。



最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w