依頼人と請負人

カウンセリングを希望してくる人はいろいろな呼ばれ方をする。

患者(ペイシェント)、クライエント、顧客(カスタマー)、利用者(ユーザー)、、、

それぞれの文脈があっての呼び名である。

クライエントは最も多く使われているが、

その日本語訳は「依頼者」である。

クライエントという言葉は悪くはないが、精神医療や臨床心理学の匂いがやや染み付いている。

依頼人というと探偵事務所のようである。

私は依頼者の方がしっくりくる。

治そ

うとするのではなく(そういう依頼を受けることもあるが)、

依頼に答えてがんばっていこうという感じになる。

利用する方はどうであろうか、

直接ではないにしろ、どう呼ばれるのがいいと感じられるだろうか。



しまうまカウンセリング

〒270-0163

千葉県流山市南流山2-18-9 コーポN201
つくばエクスプレス・JR武蔵野線「南流山」駅徒歩2分

完全予約制
不定休
開室10時〜夜9時

予約はネットか電話で