催眠におけるイメージとの出会い

催眠をしていると、ときにはトランスに入っているの方の中からイメージが湧いてくることがある。

それらを取捨選択しながら歩んでいると、ときに大変すばらしいイメージに出会うことがある。

一口にイメージというが、それは平面画像とは限らず、立体で質感があり、触れることのできる3Dとして実体として本人には感じられたりもする。

リアルなものとの出会いである。

それはその人を助け支えてくれるものである。

カウンセラーとしてはすかさず、それを記憶に留め、その後もできればまた触れて活用してほしいと伝えている。

「心のお守り」である。

(催眠には個人差と状況の違いがあり、必ずそうなるわけではありません。)