医療機関や支援機関等からの委託による心理検査


しまうまカウンセリングは心理検査の外部委託に対応しています。


現在医療機関にかかっていて、心理検査を受けたいのに予約がなかなか取れなくて、ずっと待っている。そんなお話を聞くことがときどきあります。


外部機関からしまうまカウンセリングに委託される心理検査は自費扱いです。検査項目は医師の指示によって決まります。検査費は1検査につき50,000円、報告書作成費9,000円です。心理検査はあくまで治療や診断の補助として扱われます。診断や公的書類作成についての判断は主治医の先生が行うことをご承知おきください。


心理検査は心理士と1対1で行います。作業や心理士とのやりとりなどが含まれるため、検査の内容や種類によっては2時間近くかかる場合があります。心の問題を知るには、何種類かの検査を組み合わせて行うのが一般的です。そのため、ご本人の負担を考え、受ける検査によって何日かに分けて行うこともあります。その場で検査結果が出るものは少なく、解析に日数を要します。その後、ご本人や主治医の先生に検査結果が伝えられる流れとなります。ある程度の規模の医療機関では、心理検査はそこに在駐している心理士が対応することが多いようです。ただ、心理検査を必要とする人が多かったり、逆に心理検査に対応できる心理士が少なかったりすると、予約がなかなか取れない実情もあるようです。


しまうまカウンセリングで心理検査を担当している心理士は心理検査の専門的なトレーニングを受けており、医療機関での豊富な経験と実績を持っています。主治医の先生と心理検査の話は出ているけれど予約が取れなくてお困りの方は、しまうまカウンセリングの受付か、お電話(080-7350-4696)でご相談ください。


                             ( 心理検査担当 高木 )