問題解決と養生

問題解決を依頼されるとき、

速攻かつ即効で解決に至るよう心がけている。


しかし、養生が必要と思われるときの対処はかなり違う。

養生は例えて言えば、湯治においてゆっくりと傷を癒すようなものである。

だから、今現在の問題をどうこうするというよりは、

まずは体を休めつつ、つらつらと思い浮かべていくという感じになる。

その前に、こうなった原因究明をしていきたいと言われることも多い。


問題解決は手早く、養生はゆっくりである。

問題解決を急く人には養生は遅いと感じ、

養生を必要としている人に問題解決にはせかされているように感じる。