思ったことと口にすること

思ったことは何でも口にするものではないという文化がある。

饒舌や多弁は無分別とされたり、長話で辟易とさせられることもある。

聞いてくれる人がいなくても独り言ができるし、テレビに向かって罵倒したり、ネットで呟いたりもできる。

人は思ったことの何%を口にしているのだろう。

研究したら面白いと思う。

一割にも満たないだろう。

個人差もある。寡黙な人も少なくない。

フロイトは精神分析で自由連想という手法を開発した。

寝椅子にリラックスして頭に浮かんだことを何であれ口にするのである。

セラピストはそれを分析する。

カウンセリングでも「ここでは何でも思ったこと、感じたことがあったら遠慮なく言ってください」とお伝えしている。

もちろん、依頼人からの情報を得て対処するためである。

しかし、同時に、何でも思ったことが言えるというのは案外と稀有な体験なのではないだろうか。

相手を選ぶこともあれば、プライベートで誰彼とは言いづらいということもある。

だから、思ったことを口にすることはある人にとっては自由で開放的な感じがするかもしれない。

一方、そうは言われても言葉にならない、言葉が出てこないという場合もある。もちろん、無理はしなくていいのだが、言葉になる以前に思い浮かぶことを感じてみたり、ゆっくりとぽつぽつと、その感じが言葉として響いてくるのを待ってみてもいいだろう。

そんなようなことができる場は意外とありそうでないかもしれない。







最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w