思考のレベル

思考にはいろいろなレベルがある。

意識的思考は考えようとして考えている思考である。

認知行動療法で有名になった自動思考は自動的に繰り返し考えているものだ。

「前意識的思考」は私が今思いついた言葉であるが、

ぼーっとしたり、うつらうつらしているときに、

筋道立たない支離滅裂な思考やイメージが意識と無意識の狭間で錯綜するものである。

これは寝ているときにより本格的に行われており、夢と呼ばれる。

瞑想しているときには、自動思考がでてくることもあれば、前意識的思考が迷走することもある。これらは雑念と呼ばれる。

機能的に意味がないわけではないかもしれないが、思考には無駄が多いのである。




shimauma_logo_under.png
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright©️ しまうまカウンセリング All Rights Reserved.