成瀬悟策先生

今年の2月に日本催眠医学心理学会第65回大会を東洋学園大学で開催したことは、このブログでもお知らせしたが、実は、成瀬先生をお呼びする予定を立てていた。

しかし、先生は惜しくも去年8月にお亡くなりになった。

もう、一年近く経とうとしている。

言うまでもなく、成瀬先生は、日本催眠医学心理学会、日本心理臨床学会、日本リハビリテイション心理学会、日本臨床動作学会などの創設メンバーもしくは立役者である。

近年は動作法に力を入れておられたが、催眠医学心理学会ではあまりお顔を拝見することがなかったので、今回、本学会にお越しいただき、若き時から心血を注いでこられた催眠に、先生が今再びアプローチされるのを見たいと思ったのであった。

せめてもの代わりとして、追悼シンポジウムを企画させていただいた。

http://conference.wdc-jp.com/jshypnosis/2020/meeting.html

また、当日、会場には諸先生方からの提供による成瀬先生の著作・論文とお写真の展示をおこなった。その膨大なお仕事の一端が垣間見れるものであった。

会場に来られた方はご覧になられたと思う。

仙人のように、まだどこかの山の中に潜んでおられるように思えて仕方ない。



最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w