手がけたいもの

自分で手がけたものだけが自分の身になる。

自分が主体的に取り組んだものが体幹のような芯になっていく。

知識や情報だけでは素通りしてしまって知ってはいても身につかない。

自分というシステムに体制化、組織化されて組み込まれることが必要だ。

自分のものとなって運用していける実感が得られるといい。

それには体験しないとなかなか理解できないのだ。

ここでの体験とは体が伴わない知的な過程も含まれる。

人はこうして大きくなっていく。


手がけたいのに手がつけられないときもある。

手をつけたいがどうしていいか、何に取り組むべきかが見えずに止まっているものもある。

カウンセリングは「手がける」ことを応援する場でもある。

その人が日常において「手がけたいもの」に取り組むのをサポートし、

面接の中でも心理的に「手がけていく」作業をする。

ここでのカウンセリングの機能は治療というより成長である。





最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w