新型コロナの世の中で絶望しないための15のチェックポイント

新型コロナウイルスの蔓延により、誰しも多かれ少なかれ影響を受けていることと思います。中には、感染してしまう・させてしまう不安が抑えられなかったり、予定が大幅に狂ってしまったり、心ない誹謗中傷や差別に苦しんだり、経済的な危機に陥ったり、不自由な生活にイライラを感じたりしている方が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。本当につらいことですね。今回はカウンセラーとしての私の経験に基づいて、そのような状況に簡単に絶望しないためのチェックポイントをまとめてみました。

たとえば現在あなたが何らかの大きな困難にぶつかり、その状況から抜け出そうとして自分なりの解決策を講じているのに、一向に成果が出ずに上手くいかないと感じて落胆しているとします。そういう時にぜひ以下の項目をチェックしてみてください。少しでも解決へのヒントになれば幸いです。

① 何か見落としている考え方や対処法がないでしょうか?

現在、あなたが全部の考え方や対処方法を把握できているとは限りません。見落としているものがどこかにあるかもしれません。基本的なことを忘れている場合もあります。また、山の頂上に至る道は一つとは限りません。別のルートがあるかもしれないのです。

② 同時にいろいろなことをやろうとして失敗していないでしょうか?

二兎を追う者は一兎をも得ずという状況に陥っていないでしょうか。落ち着いてひとつずつやれば上手くいくことが多いものです。

③ 優先順位が間違っているのではないでしょうか?

後でできることを今やろうとしていないでしょうか。物事を行う順番を間違えている可能性はないでしょうか。

④ 解決のために十分に努力していると言い切れるでしょうか?

努力の仕方は間違ってはいないのですが、その量が足りないだけかもしれません。もう少しで成果が出るところまで来ているかもしれません。

⑤ 少しずつ成果が出てきていることに気がついているでしょうか?

実際は成果が出てきているのに、そのサインを見逃しているだけかもしれません。

⑥ ネガティブな事実だけを見ていないでしょうか?

うつ的な気分になっていたり、逃げ腰だったりすると否定的な事実だけに目が行きがちになります。冷静になって、物事のプラスの面とマイナスの面をバランスよく捉えるようにしましょう。

⑦ やってもどうせ駄目だと決めつけていないでしょうか?

行動を起こす前からあきらめている場合があります。やってみないとわからないことも多いです。「なんとかなる」と考えてみましょう。

⑧ 十分な情報を集めてから判断しているでしょうか?

単なる憶測・想像で判断していないでしょうか。信頼できる情報源から必要な分だけ確かな情報を得ることができているでしょうか。デマに惑わされていないでしょうか。

⑨ 他人の意見を聞いてみたでしょうか?

自分一人だけの判断には限界があります。他人の見方は自分とは違うかもしれないのです。また、同じ悩みを持つ他人と話をするだけで気持ちが楽になることもあります。

⑩ ひとりでやろうとしていないでしょうか?

その負担は一人で担わなければならないものなのでしょうか。誰か協力してくれる人を求めるべきなのかもしれません。専門家の助けが必要な場合もあります。

⑪ 集めている情報は古くないでしょうか?

最新情報では事情が変化してきているかもしれません。

⑫ 少し時間を置いてから考え直してみたでしょうか?

物事は時間が経てば自然に解決に向かうこともあります。少し待てば、良い考えが浮かぶこともあります。

⑬ 自分を責めてはいないでしょうか?

今まで出会ったことのないような困難に遭遇すれば、パニックや戸惑いを感じても不思議ではありません。初めから上手く対処できる人はいません。自分に優しくなりましょう。

⑭ 何かにいつまでもこだわっていないでしょうか?

過去のことを悔やむことも時には必要ですが、どこかで区切りをつけて前進する必要があります。いつまでも他人を許せない気持ちは自分をも消耗させてしまいます。

⑮ 心の余裕を失っていないでしょうか?

良いアイデアは、心の余裕から生まれることも多いです。ちょっと考えることを止めて気分転換をするといいかもしれません。人と雑談をして自分の気持ちを言葉にしてみたり、日光に当たって外の空気を吸ってみたりしてもいいのではないでしょうか。食事や睡眠はきちんと取れているでしょうか。

しまうまカウンセリング

〒270-0163

千葉県流山市南流山2-18-9 コーポN201
つくばエクスプレス・JR武蔵野線「南流山」駅徒歩2分

完全予約制
不定休
開室10時〜夜9時

予約はネットか電話で