朝日新聞DIGITALにアドラー心理学の記事

更新日:2020年11月2日

朝日新聞DIGITALにアドラー心理学の記事が載り、

日本個人心理学会もほんのちょっと取り上げられました。

無料記事の最後の方です。

https://www.asahi.com/articles/ASN9J3PZNN9BUEHF00F.html


以下は引用です。

 読者は、その中身をどうとらえているのか。公認心理師の高橋雄太さん(35)は、同書がきっかけでアドラー心理学の学術団体・日本個人心理学会に入った。物語後半、青年が理解しようと奮闘する、他の人を仲間と見なす概念「共同体感覚」は、カウンセリングの手がかりになるという。


写真は上記記事より転載


最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w