未来のイベント

生きててもしょうがないという。

そうかもしれない。光陰矢の如し。人生はむなしい。どうせ死ぬし。

残りの人生にはさしたるものもない。あとは安らかに死ねるよう終活でもするしかない。

まあ、それもいいのだが、今から死ぬまでの間にちょっと行事が少なくはないか。

未来の時間と空間の中にイベントを配するのはどうだろうか。


記憶に色濃く残るのは出来事=イベントのエピソードである。

繰り返す日常の積み重ねはとても大切なことだが、

思い出すのはそれではなく特徴的なイベントである。

毎日普通に通学したことではなく修学旅行に行ったことが思い出に残る。


未来も同じで、オーディナリーライフではなくスペシャルイベントがあると励みになる。

日常は土台のようなものとして大切だがエピソードで花を添えたほうがいい。

そうすると、未来の人生に少し手がかりができる。

死という終点に行くことばかりに吸い寄せられず、

その手前で途中下車して何か見てみようという気になるのだ。




最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w