未来の展望を示すカウンセリング

最終更新: 2020年12月27日

今までの苦しい過去をどうしても話したいという人がいます。

逆に、嫌な過去のことは絶対に振り返ったりしたくないという人もいます。

心理療法というわけですから、何かを治すという側面もあります。

乗り越えていく力をつけたり、成長のためという側面もあります。

いろいろな目的がありますが、これらはすべてよりよい未来のためです。

カウンセリングでは未来の展望を描いていくことが大切です。

これからのためにカウンセリングをしているのです。

未来へ向けてその人独自の展望が拓けていくカウンセリングになるといいですね。