本ではできないこと

更新日:2020年10月4日

最近はカウンセリング心理学のこともよく一般向けの本になっている。

かなり専門的な内容のものもある。

来談された方でそういう本を読んでこられる方もおられる。

こちらもそういう本を読むことをこちらからお勧めすることもある。


たとえば、眠れないということについてならその手の本にはいろいろな助言が載っている。

それはそれで有益である。

しかし、その人がそれに当てはまっているのか、そのどれにあてはまるのかは、

個々に聞いてみないとわからないものである。

同じようなものとして分類はできるが、まったく同じ問題はない。

だから、個別にみていく必要がある。

一般論ではなく、パーソナルなカスタマイズ、

これは本ではできないことである。



中谷ミチコ「白い虎が見ている」東京メトロ銀座線虎ノ門駅

最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w