死者との対話

死者との対話は重要なことです。

お盆になると墓前で亡くなられた家族や先祖に話しかけます。

大きな事故や災害では毎年のように追悼集会が開かれて亡くなられた方への言葉があらわせられます。

これらは集団的かつ行事として行われる死者との対話です。

古今東西、亡き人とどう接していくかということは自然であり大切なテーマなのです。


時に、カウンセリングにおいても、身近な人を亡くされて来談される方がいます。

その人がいなくなってしまったので、どのように接したらいいのか途方に暮れるのはもっともなことです。

もちろん、その人の思い出や、来談された方の様々なお話をしっかりお伺いします。

そうした上での話ですが、よくこちらから提案しているのが、この死者との対話です。

これはサイコドラマの有名な技法であるエンプティーチェア(空の椅子)を用いたものです。

ひとつ椅子を出してきて、利用者の方に、その椅子に今は亡き方がそこにいると思ってお話ししてもらいます。

その人の記憶と想像で話してもらうので、死後の世界を信じているかどうかは関係のないことです。

カウンセラーはその方が空いている椅子に座っている相手の方と声を出してお話しするのを横で黙って聞いています。

時には語りかけのお手伝いもします。とてもおごそかな時間です。


詳細は省きますが、カウンセリングならではのダイナミックな手法だと思います。

私の経験では、導入のタイミングさえちゃんとしていれば多くの方に大変良い効果をもたらしています。

ほとんどの方が、死んだ人とはもう話せないと思い込んで、こちらからのコミュニケーションを絶ってしまい、そのせいで、心の中には言いたいことが山ほど溜まっているのです。

それを話す機会があるとわかれば、思っていたこと、伝えたかったことを口にすることができるのです。

それでよいのです。

カウンセラーが霊媒師になったつもりでいい加減なあてずっぽを言うより、ご本人自身の心で亡くなられた方と対話してみるのが何よりです。

この時間は、過去を回想しているのではありません。

今ここで、相手と語る現在の会話なので、心理的な物事、対人関係の文脈が進行していきます。

今だからこそできることなのです。


墓前でのつぶやきも今の会話のひとつと言えます。




最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w