簡単に変われないから人は苦労している

気持ちの落ち込みが続いている人に、「早く元気を出しなよ」と慰める人もいます。声をかけた側としては、とくに悪気はないことがほとんどだと思います。しかし、言われた側としては、「そう言われても、どうにもならないから困っているんです」と返したくなる場合もあるでしょう。


落ち込んでも、程度がきわめて軽い場合は十分に寝たり気分転換をしたりすれば数日で立ち直れるようなケースもあります。そのような場合は、たとえば「運動でもすれば気分が晴れるよ」というようなアドバイスなども的確なこともあります。


ところが、カウンセリングに訪れる人は、何週間も、あるいはそれ以上の期間にわたって悩んでいる人も多いのです。自分なりにいろいろな対処をしても、なかなか事態が好転しないので、カウンセリングに来ているわけです。


そのような悩みの深い人にとっては、元気な人が考えるような即席のアドバイスは、たいてい通用しません。元気な人にとっては、たとえば「うつ病」や「うつ状態」という言葉が意味する体験がどんなにつらいものか、想像しにくいことがあります。元気な人にとっては何でもないことが、億劫になってしまいできなくなることもあるのです。


「考えるからいけないんだ、真面目すぎるんだよ」と言われても、簡単に長年の性格を変えられるわけではありません。簡単に自分を変化させられないから、悩んでいる人は困惑しているわけです。慰める側にとっては助言したつもりでも、言われた側にとっては責められたように感じてしまうこともあります。


カウンセラーは、相談者の人にありがちなこういった事情をよく知っています。そのうえで慎重にいろいろな対応をしていきます。


 ( 葛飾区 水元公園 )