解決構築と課題遂行

カウンセリングにおいては

どのような道を歩んだらいいのかを考えること(解決構築)があるが

歩むべき道がわかっていても

その道を実際に進むこと(課題遂行)を支援することもある

もちろん道さえわかればあとは自分で行けますというのでもいい