話しても現実は変わらないというけれど

よくカウンセリングで人に話したところで、起きてしまった現実は変わらないという話しを聞きます。

そうだとも言えますが、そうでないとも言えます。

確かに、過去の出来事を変えることはできません。

しかし、その出来事の意味づけは変えることができます(アドラー心理学)。

たとえば、苦労した出来事も、つらかったと思われがちですが、その苦労があったからこそ今があるととらえることもできます。

人生万事塞翁が馬という諺で言えば、何が不幸の種か、幸福の種かはわかりません。

単純な幸か不幸かではないにしても、少なくとも、その意味は認知と記憶の森の中で変化していきます。

カウンセリングで語ることで、そういうことは変わっていきます。

だから、話すことに意味はあるのです。