話しても現実は変わらないというけれど

よくカウンセリングで人に話したところで、起きてしまった現実は変わらないという話しを聞きます。

そうだとも言えますが、そうでないとも言えます。

確かに、過去の出来事を変えることはできません。

しかし、その出来事の意味づけは変えることができます(アドラー心理学)。

たとえば、苦労した出来事も、つらかったと思われがちですが、その苦労があったからこそ今があるととらえることもできます。

人生万事塞翁が馬という諺で言えば、何が不幸の種か、幸福の種かはわかりません。

単純な幸か不幸かではないにしても、少なくとも、その意味は認知と記憶の森の中で変化していきます。

カウンセリングで語ることで、そういうことは変わっていきます。

だから、話すことに意味はあるのです。


最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w