詳しい話、細かい話

更新日:2020年10月5日

わかりやすく簡潔に手短に伝えるというのが一般には大切とされる。

しかし、カウンセリングでの話は少し異なるように思う。

肉眼で見るのではなく、ルーペや顕微鏡などの拡大鏡で見るような感じ。

すらりと流れてしまいそうな話でも、ちょっと立ち止まって詳しく話す。

そうすると、素通りしていたものや、見えていなかったことが浮かんでくる。

時間はかかるが網の目が細かいので捉えることができるものがある。

詳しく、細かく話すのはそういうメリットがある。

「イワン・デニーソヴィッチの一日」というのを高校か大学のときに読んだが、

これは一日が小説一冊になるという詳しい話の一例である。

詳しい話をすると、心の中も映ってくる。

心の中を語るには、細かい話をするといい。


最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w