語られざるもの

カウンセリングをしていると人の話を聞いていることが多い。

だから、人の語りは日常的に私の生活の中にある。

そのため、人は自分のことを話しているように受け取りがちである。

しかし、依頼主が2週間に1回カウンセリングに来たとしても、

たかだか月に2時間だけである。

それ以外はあまり話してないのだ。

そもそも、カウンセリングに来る人も人口の何%か知らないがごくわずかである。

もちろん、家族や友人に話していることも多いだろう。

けれども、結局、語られることより、語られざることの方が多いに違いない。

人生とはほとんど語られざるものなのだ。

自叙伝を書いてもそれは要約に過ぎない。

カウンセリングで語られることは氷山の一角に過ぎない。

人生の中では火花が散るくらいの時でしかない。

意識の水面下には氷山のように無意識があるというが、

話の背景には語られざるものが広がっている。



shimauma_logo_under.png
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright©️ しまうまカウンセリング All Rights Reserved.