語られざるもの

カウンセリングをしていると人の話を聞いていることが多い。

だから、人の語りは日常的に私の生活の中にある。

そのため、人は自分のことを話しているように受け取りがちである。

しかし、依頼主が2週間に1回カウンセリングに来たとしても、

たかだか月に2時間だけである。

それ以外はあまり話してないのだ。

そもそも、カウンセリングに来る人も人口の何%か知らないがごくわずかである。

もちろん、家族や友人に話していることも多いだろう。

けれども、結局、語られることより、語られざることの方が多いに違いない。

人生とはほとんど語られざるものなのだ。

自叙伝を書いてもそれは要約に過ぎない。

カウンセリングで語られることは氷山の一角に過ぎない。

人生の中では火花が散るくらいの時でしかない。

意識の水面下には氷山のように無意識があるというが、

話の背景には語られざるものが広がっている。



最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w