顧問カウンセラー

カウンセリングは一度限りのコンサルテーションとして用いることもできるが、

普通はひとりの利用者にひとりのカウンセラーが対応する担当制である。

なので、必要に応じ、その都度、担当カウンセラーと話すことになる。

もちろん、担当を替えることもできるが、

担当カウンセラーがこちらの都合でころころ変わることはないので、話を最初からする手間は省ける。

カウンセラーも同じ方と繰り返し会うことで、より深く理解できるようになる。

喩えて言うなら、顧問弁護士や顧問税理士やパーソナルコーチみたいなものである。

長いお付き合いとなることもある。

人生で必要な時に、ちょっと調子が悪いなというとき、しっかり話したいとき、

担当カウンセラーが顧問、第三者、専門家、知己の知人として相対します。


shimauma_logo_under.png
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright©️ しまうまカウンセリング All Rights Reserved.