2つのシンポジウム

2/2の日本催眠医学心理学会第65回大会では二つのシンポジウムがあります。


2時からは成瀬悟策先生追悼シンポジウム

本学会の創設者のひとりである成瀬先生を追悼し、長年、本学会を共にされてきた斎藤先生と、教え子でもあり、本学会のみならず動作学会でもご一緒されてきた鶴先生をお迎えして、成瀬先生のお仕事を若い世代にも引き継ぐ機会となれば幸いです。


3時半からのもうひとつのシンポジウムは「トランスの発見〜その臨床利用〜」です

トランスつながりの心理療法に参集していただきました。

鶴先生(臨床動作学会理事長)

市井先生(EMDR学会理事長)

飯森先生(催眠医学心理学会理事長)

松木先生(臨床催眠学会理事長)

と4つの学会の代表者に参加いただきますが、

自立訓練からは鈴木先生と阿部先生

NLPからは岡本先生と植地先生

と第一人者をお迎えしています

このような先生方が連続的にひとかたまりで登壇なさるという形態も

シンポジウムとしては初の試みです

どのような話になるか楽しみです





最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w