top of page

#22 アサーティブネストレーニングと私 ③アサーティブと怒りと攻撃と

こんにちは、しまうまカウンセリングの望月です。前回は「アサーティブネストレーニングがどう大切なものになっていったか」について書かせていただきました。そんな風にアサーティブネストレーニングを重ねていくうちに「私と怒り」のかかわり方も少しずつ変化をしていきました。けれども、今度は別の問題が臨床心理士となって、アサーティブネストレーニングやカウンセリングを行ってくるうちに生じてきたのです。それは「怒りはいけないものか」という問題です。

臨床心理士になって「怒りは必要な感情です」と私はずっと伝えてきました。それはトレーニングをトレーナーとして始めたばかり頃でも、今でも変わっていません。ただ、トレーニングを重ねていくうちに、「トレーナーをしている自分がこんなに怒ってばかりいていいのだろうか?」と思うようになってきたのです。

アサーティブネストレーニングの中では、コミュニケーションを便宜上「アサーティブネス」と「アサーティブネスではないもの」に分けて説明をします。アサーティブネスとは#19でお伝えしたように「自分も相手も大切に自己表現をする」コミュニケーションを指します。更に言えば「自分も相手も大切に自己表現をする」ために、自分の感情や考えを率直に相手に伝える行為です。一方、アサーティブネスではないコミュニケーションとは、①非主張的(非アサーティブネス)②攻撃的(作為的な攻撃を含む)という2つ(場所によっては作為的と分けて3つ)を指します。ところが、この攻撃的と怒りの区分が非常に難しいのです。本来「怒り」は感情ですのでコミュニケーションではありません。だとすると怒りを率直に相手に伝えるとそれはアサーティブネスなコミュニケーションになるはずです。自分も相手も大切に怒りを率直に伝える、それはなかなか難しいと思いませんか? 「率直に怒りを伝える」とアサーティブネスは区分できるのか、そもそも怒りだけでなく攻撃性とアサーティブネスは区分できるのか、実はここは研究でも色んな検討がされてきた問題なのです。





最新記事

すべて表示

皆様今年もよろしくお願いいたします。カウンセラーの望月です。年が明けそろそろ1週間ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか?年末年始は職場以外の人と過ごすことも多く、楽しかったわという方もいらっしゃいますが、なかなかしんどくてこの時期が苦手という方も少なくないようですね。 私は、年末年始は実家で過ごすことが多く、いい年をして兄妹げんかをみっちりしてしまうのもこの時期が多かったりします。そんな時でも以前

bottom of page