top of page

#24 アサーティブネストレーニングと私 ⑤新しいアサーティブネストレーニングへ 

こんにちは、しまうまカウンセリングの望月です。前回は「アサーティブネストレーニングを行っていく中で生じた疑問と大きな問い」について書かせていただきました。その問いとは「誰のためのアサーティブネストレーニングなのか?」というものでした。

というのも、心理士になってからの私は、それまでに「アサーティブネス」という価値観を押し付けて、トレーニングの中で失敗したことや、自分自身に対しても「アサーティブネス」か否かをコミュニケーションの基準にして非常に息苦しい思いをしていました。そこで私はもう一度大学に戻り、アサーティブネストレーニングについて研究をしてみようと思うに至りました。「攻撃性とアサーティブネス、アサーティブネストレーニングの効果など、しっかり研究をしてみたい。」そう思い、気がついたら休学をはさみ6年間(指導教員の先生ごめんなさい)、ようやく私の長い学生生活が終わったのは、2022年の秋でした。

その間に私は、これまでのアサーティブネストレーニングに関する研究をまとめたり、トレーニングを受けた人たちからお話を聞いてまとめたり、グループでアサーティブネスをしてその結果をまとめたりしてきました。そして、出た結論はこうです。「誰のためのアサーティブネストレーニングなのか?それはトレーニング受ける人のためのトレーニングで、ゴールは自分で決めていいのだ」ということです。それは「クライエントこそが自分の問題の専門家である」という考えを取り入れたからこそたどり着けた結論でした。そこでこれまでやってきたアサーティブネストレーニングを改定し、「解決志向アサーティブネストレーニング」と名付けました。




最新記事

すべて表示

皆様今年もよろしくお願いいたします。カウンセラーの望月です。年が明けそろそろ1週間ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか?年末年始は職場以外の人と過ごすことも多く、楽しかったわという方もいらっしゃいますが、なかなかしんどくてこの時期が苦手という方も少なくないようですね。 私は、年末年始は実家で過ごすことが多く、いい年をして兄妹げんかをみっちりしてしまうのもこの時期が多かったりします。そんな時でも以前

bottom of page