家族カウンセリング

親子、夫婦、子育ては広い意味での家族の相談事である。

家族の話は病気にまつわるものとは限らない。

虐待やDVでないと児童相談所や警察は介入しない。

家庭裁判所やその調停という手もあるがそこまでではない。

学校教育において生徒の家族は直接の対象ではない。

会社にも家族のことは言いたくない。

そういう家族相談にカウンセリングはうってつけである。


個人の心の中を深く扱うのが心理療法だが、

家族という集団とその関係も対象とする心理療法もある。

歴史的にはアドラー心理学、家族療法、ブリーフセラピーなどは、

家族を扱うことを得意として様々な手法を開発してきた。


ちなみに家族カウンセリングは家族の複数メンバーが来ないとできないわけではない。

お一人様の利用でも家族のことなら家族相談である。


最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w