接客商売

更新日:5月15日

池波正太郎の「剣客商売」は剣客と客商売をかけた題名である。

カウンセリングは「接客商売」だ。


コロナ感染問題で「接客を伴う飲食店」というくくりが用いられた。

すべての店は接客を伴うではないかというツッコミもあり、

「接待を伴う」の方がいいのではという記事も目にした。

カウンセリングを接待というにはちょっと違和感がある。

茶湯などでは客をもてなすという意味だから悪くはないのだが。

カウンセリングを接客というのは間違いではないが、これまた別の違和感がある。

接客も接待もその意味するところではカウンセリングに必要な心構えだと思う。

だが飲食や物品の有形でおもてなしするわけではなく、

心理サービスとか、お話しするなどの無形でお迎えする。

だから、カウンセリングは無形の接客および接待である。


         (画像はイメージです)

最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい