利用案内:状況確認

更新日:3月23日

カウンセリングに期待していることは何かと聞いたら、

今の自分の状況について言ってほしいとい言われた。

占いのように自分のことをずばっと言ってほしいという。


自分はいいのか悪いのか、問題なのかまずいのか、

自分は怒っているのか、悲しいのか、

圧倒されているときや混乱しているとき、自分の足元は揺れて位置が定まりにくくなる。

しんどい状況では自分の思いが揺れるので大丈夫とか正しいと言ってくれる人が必要とされる。

混迷する状況では事件に例えるなら犯人とその動機がわかると見通しが立つ。

自分自身や関係する状況や対人関係の状況に対して、

専門家の立場からの総合的な査定、評価、評定がほしいということである。

時間と空間の軸の中で織り成された心の模様、周囲の模様がどのようなものなのか、

人は自分の置かれた状況や心状を知りたいと思うのは人の常である。


今、どこで、どうなっているのか、

そのような状況を定義すること、意味づけることで自分の位置がはっきりとわかるのだ。

自分の置かれた位置がよいものであれ、よくないものであれ位置がわかると一息つける。

それからどうするか、どこに向かうかは、また次の話である。


自分の状況や心状に関して、専門家からの見解を聞いてみるというのもカウンセリングの使い道のひとつである。



最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w