自己像

自分自身の姿は鏡か写真でない限り見ることができない。

普段自分は見えていない。

だから自分の姿はある程度想像で補わざるをえない。

それもあって誰もが自己像を持っている。

自己像は作られたものである。

だから外的現実や他人の描くものと合わないこともある。

例えば自分が太っているか痩せているかは自分の基準なので、

それによって太った私とかや痩せた私という自己像が作られる。

カウンセリングではどのような自己像なのかを明らかにすることがある。

鏡では見えない自分の姿を話の中で想像しながら鏡に写すように描いていく。

だから、カウンセリングは心理的に自分自身を見るための鏡のように使えるのである。

最新記事

すべて表示

スペリー先生ワークショップ

秋の週末は学会、研修会に明け暮れる。先月の24日は日本個人心理学会主催の 元北米アドラー心理学会会長のスペリー先生の研修会だった。 これも自宅からオンライン参加で便利である。 「事例概念化」が印象的だった。 アドラー心理学で有名なお父様のスペリー先生と共著で概念化の本が出るらしい。 部分的な理解ではなく、全体として具体的にイメージが生成されることは大切である。 相手が自分の中で生きた存在になるとい

「エンカレッジシートの理解と活用」 研修会講師

明日は札幌で学校の先生方を対象としたエンカレッジシートの研修がある。 当地の青沼先生と私で講師をつとめる。 私は「アドラー心理学の基礎理論を学ぶ」も担当する。 何泊かして来札する予定だったがオンラインとなり自宅からだ。 次の日曜もやはりアドラー心理学関係だ。 日本個人心理学会が主催する研修だが 講師は北米アドラー心理学会の元会長のスペリー先生である。 https://www.jsip-a.jp/w