しまうまカウンセリング

〒270-0163

千葉県流山市南流山2-18-9 コーポN201
つくばエクスプレス・JR武蔵野線「南流山」駅徒歩2分

完全予約制
不定休
開室10時〜夜9時

予約はネットか電話で

 

臨床心理士による 気軽なカウンセリングから 本格的セラピーまで

​カウンセラーについて

信頼できる心理専門家が的確な助言や提案を提供します。

幅広いニーズにお応えできるように複数のカウンセラーを揃えています。
カウンセラーは全員がベテランの臨床心理士です。
個々のご要望になるべくマッチするカウンセリングを提供したいと考えています。
カウンセラーを指名することもできます。

 

​カウンセラー紹介

各カウンセラーの​名前をクリックすると詳細が見られます

 

望月由紀子

資格
臨床心理士、公認心理師、PEセラピスト

臨床歴
精神科クリニック:柏駅前なかやまメンタルクリニック
女性相談:東京都内・埼玉県内女性相談相談員
精神科領域:電話相談員・オンラインカウンセラー

講師歴
教育関係(帝京高等看護学校、武蔵野大学生涯学習)
その他(東京都人材支援事業団、埼玉看護協会、西東京市高齢者支援課)など

所属学会
日本心理臨床学会
日本ブリーフサイコセラピー学会
日本EMDR学会
日本トラウマティック・ストレス学会
日本応用心理学会
ブリーフセラピーネットワークジャパン

セラピースタイル
解決志向アプローチ
長時間暴露療法(PE)
EMDR
See Far CBT
ボディコネクトセラピー
ホログラフィートーク
アサーティブトレーニング

扱い慣れているものの例
家族:DV、夫婦、親子関係、モラハラ、パワハラ、
対人:コミュニケーション、恋愛問題、トラブル、
職場:パワハラ、人間関係、
心身:PTSD、不安、トラウマ関連症状、パニック、恐怖症、強迫、うつ、双極性障害、身体疾患への心理支援

カウンセラーのコメント
行政の女性相談や精神科のクリニックで働いてきました。DVや虐待などの被害者の方の支援やトラウマを扱う心理療法を主に行ってきました。また、アサーティブトレーニングの研究や講師をやってきました。その経験を活かし職場や家族に対するコミュニケーションの改善のサポートも行います。皆さん自身の持っている力と過去ではなく未来に焦点を当てる解決志向アプローチの考え方から皆さんの次の一歩のお手伝いが出来れば嬉しいです。

 

鹿志村 和子


学歴

心理学専攻の大学院博士課程を単位取得満期退学 法科大学院修了

資格
臨床心理士、公認心理師、アロマアドバイザー、法務博士、
教員免許(中高英語・高校社会)

現職
山脇学園中学・高校スクールカウンセラー
しまうまカウンセリングカウンセラー

臨床歴
企業健康管理部:日本航空(株)
精神科クリニック:神田東クリニック(EAP)
教育相談:品川区教育相談センター
東京都スクールカウンセラー
東京家政学院中学・高校スクールカウンセラー
大学心理相談室:東京都立大学

所属学会
日本心理臨床学会
日本心理学会
日本社会心理学会
日本パーソナリテイ心理学会
日本ジェンダー学会

著作・講演会
「ライフサイクルの臨床心理学」 培風館 馬場禮子 永井徹(編)思春期担当
「こども心理辞典」一芸社 原裕視 谷田貝公明(編) 分担
東京都区内・市部における教員やスクールカウンセラーを対象とする研修会、
講演会の講師
(教育相談一般・不登校・いじめ・発達障害・保護者対応・ケース研究など)

セラピースタイル
精神分析 来談者中心療法 認知療法 ブリーフセラピー 家族療法 アロマセラピーなどをおり混ぜながら相談者に応じて効果的であると思える方法を用いていきます。

扱い慣れているものの例
児童・生徒対象:不登校、発達障害、心身症など
子育て:育児法、育児疲れ、子供の発達、不登校、受験関連
家族:夫婦、親子関係、モラハラ、パワハラ、DV~ジェンダー法に強いです
対人:恋愛問題、婚活、トラブル
学校:学校トラブル、いじめ、不登校生徒の親支援、教員の支援
職場:パワハラ、人間関係、復職、転職、
心身:不安、パニック、恐怖症、強迫、軽いうつ、身体疾患への心理支援
受験:私立幼稚園受験・私立小学校受験のアドバイス 受験指導

カウンセラーのコメント
50代の女性カウンセラー。子どもと女性の力になりたいと考え、企業や教育相談センター、学校などで臨床経験を積んでまいりました(臨床心理士資格を1990年に取得、途中2度の出産・育児をはさみながら臨床歴25年)。
心理学の限界を感じ、40歳から43歳まで法科大学院で主にジェンダー法と労働法を学びました。弁護士にはなれませんでしたが、「法律に強い臨床心理士」として社会貢献したいと思っています(ケースによっては弁護士を紹介して連携致します)。
継続相談はもちろんのこと、1回~数回の単発の相談にも対応いたします。

 

 

資格
臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士

現職

ナラティヴ・アプローチ研究所代表

しまうまカウンセリングカウンセラー

臨床歴
国立機関;国立精神衛生研究所・児童精神衛生部
公立機関:小平児童相談所
精神科クリニック:南埼玉病院精神科
保健所精神科デイケア:杉並東保健所、井草保健相談所、小金井保健所、北沢保健福祉センター
私設心理相談:ISCカウンセリング研究所、シーズカウンセリング研究所
福祉関係相談;ヒースケア(介護事務所)カウンセラー
スクールカウンセラー;青梅市教育委員会(小学校派遣)、横浜市教育委員会(中学校派遣)、 神奈川県教育委員会(県立高校、県内市立中学校派遣)

講師歴
公立機関
目黒区女性情報センター、藤沢市役所・職員研修、藤沢市女性行動計画推進協議会、
世田谷区北沢保健福祉センター、埼玉県立小児医療センター
教育関係
玉川大学初等教育・通信教育課程、横浜市教育文化研究所、神奈川県藤野町教育委員会、東京都立保健科学大学、神奈川県教育委員会、岩手県教育委員会、
その他
岩手県臨床心理士会、静岡県臨床心理士会
学会/研究会
グリーフカウンセリングセンター、東洋英和女学院大学死生学研究会、日本医学哲学倫理学会、立教大学ライフストーリー研究会、日本心理学会、日本質的心理学会、日本集団精神療法学会、日本心理臨床学会、神戸大学大学院人間発達環境学研究科、日本保健医療社会学会、日本人間性心理学会、日本家族療法学会、日本ブリーフサイコセラピー学会

所属学会
日本心理臨床学会
日本集団精神療法学会
日本ブリーフサイコセラピー学会
日本臨床死生学会(評議員)
日本保健医療社会学会
日本家族療法学会
日本質的心理学会(編集委員)
日本人間性心理学会

著作
『わかりたいあなたのための心理学入門』 共著 宝島社
『社会福祉要説』 共著 同文書院
『小児がん病棟の子どもたち』 単著 青弓社
ナラティヴからコミュニケーションへ‐リフレクティング・プロセスの実践』共著 弘文堂
『発達のための臨床心理学』 共著 保育出版社
『臨床ナラティヴアプローチ』 共著 ミネルヴァ書房

セラピースタイル
ナラティヴ・セラピー/アプローチによる心理療法;リフレクティング、リメンバリング、オープンダイアローグ(コ・セラピストとクライエント3人で行うリフレクティング方式のカウンセリングがベース)
家族療法(二人のセラピストによる家庭訪問カウンセリング;上記ナラティヴアプローチ、リフレクティング方式による‐引きこもり、不登校対応)
ブリーフセラピー(解決志向アプローチ+「支援者支援」としての解決志向リフレクティング)
「対話型アセスメント/心理テスト」としてのナラティヴ・バウム(一本の実のなる樹木を描いてもらい、それについて「対話」する)。

扱い慣れているものの例
グリーフ‐悲しみ・悲哀・喪失体験(死別/生別によるウツ的状態等)
子ども;引きこもり、不登校、小児がんなど重篤な身体的病児への心理的支援
家族:夫婦関係、親子関係、モラハラ、DV、虐待
対人:恋愛問題
学校:不登校生徒の親および本人支援
職場:人間関係、復職
心身:トラウマ全般、妄想・幻聴、不安、パニック、恐怖症、強迫、うつ、双極性障害、身体疾患への心理支援
事故事件:本人や家族への心理支援、PTSD対応

カウンセラーのコメント
国立精神保健研究所・児童精神衛生部を皮切りに精神病院、精神障害者デイケア、小児がん病棟やスクールカウンセラーとしての臨床歴を持っているので、幻聴・妄想など重篤な精神症状から身体疾患に至るまで幅広く対応可能です。
また、「支援者支援」や「予防的介入(心理教育)」も専門としてますので、カウンセリングとは別に支援者へのサポートとして、コンサルテーション、家族や児童・生徒に対する(予防的介入である)効果的な心理教育(従来の「講演型」ではない、ユニークな方法での)も可能です。
また、取り立てて「悩み」とか「症状」「問題」等ではなく、自分の人生について深く考えてみたい方も対象となります。
来られた方のライフストーリーを丁寧に聞き取りつつ、今後の/これまでの/これからの人生について、対話的に深く考えることも可能です。話を深く広くする技法であるナラティヴアプローチのリフレクティングやリメンバリングで、自分の人生の深みと厚みを対話的にさらに膨らませながら、自分のことを深く考えていきます。

 

田代 順

 

​鈴木 義也

資格
臨床心理士、公認心理師、学校心理士、ガイダンスカウンセラー、支援助言士

現職
東洋学園大学人間科学部教授
しまうまカウンセリングカウンセラー

臨床歴
精神科クリニック:柏駅前なかやまメンタルクリニック、目白サトウクリニック
保健所:文京区本郷保健所
学生相談:文教大学、関東学院大学、武蔵大学、日本女子大学、青山学院大学
開業心理カウンセリング:東京カウンセリングセンター

所属学会等
日本心理臨床学会
日本学生相談学会
日本ブリーフサイコセラピー学会(理事)
日本催眠医学心理学会(常任理事)
日本個人心理学会(会長)

著作
『ブリーフセラピーの技法を越えて』 共訳 金剛出版
『家族療法の背景』 ことばのスペクトル収録 リーベル出版
『はじめてのアドラー心理学』 翻訳 一光社
『まんがで身につくアドラー』 あさ出版
『アドラー臨床心理学入門』 共著 アルテ
『アドラー心理学によるスクールカウンセリング入門』 共著 アルテ
『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』 共著 アルテ
『不登校支援のためのアドラー心理学入門』 共著 アルテ
『臨床アドラー心理学のすすめ』 共著 遠見書房
『これ1枚で学級の問題が解決できるエンカレッジシート』 共著 学事出版
「アドラー心理学で生徒指導」 月刊生徒指導 学事出版 連載2016.4−2017.3

セラピースタイル
家族療法
ブリーフセラピー
解決志向ブリーフセラピー
催眠療法
アドラー心理学

扱い慣れているものの例
子育て:育児法、育児疲れ、子供の発達、不登校
家族:夫婦、親子関係、モラハラ、パワハラ、DV
対人:恋愛問題、婚活、トラブル
学校:学校トラブル、不登校生徒の親支援
職場:パワハラ、人間関係、復職、転職、
心身:不安、パニック、恐怖症、強迫、うつ、双極性障害、身体疾患への心理支援
事故事件:本人や家族への心理支援、PTSD

カウンセラーのコメント
精神科のクリニックで働いていたので、様々な問題に幅広く対応しています。
病院に行くほどではないけれども聞いてみたいというコンサルテーションや、回復後の安定した生活へのサポートもしています。
問題ではなくても、人生の様々な転換点において、方向性を考えるお手伝いができます。
アドラー心理学に基づき、子育てから大人まで、さまざまな人生の課題への対処を支援しています。
その他、何かを治したり解決するばかりでなく、力を抜いて楽になるためのカウンセリングをしています。

shimauma_home2.png