中村梅之助

今、中村梅之助の「伝七捕物帳」をやっている。

鬼平を超える合計190話に達する本数からも人気の程がうかがえる。

多くの作家が書いた連載が映像化されたからできたのだろうが、

多すぎて見切れず録画を溜めている。

全く知らなかったのだが、最近、息子の中村梅雀さんが演じたリメイク版の方は見ていた。

中村梅之助と言えば初代「遠山の金さん」の印象が強烈である。

祖父母と見た記憶がある。

どうしても「金さん」は中村梅之助さんでないとだめなのだ私は。

その梅之助さんが金さんになる前に長らく「伝七」だったという過去は知らなかったので驚きだった。


中村吉右衛門と同様で中村梅之助も顔が実にいい。

鬼平が山の手だとすると、伝七は下町である。

主題歌は盆踊りのような歌だが、黒門町とか下谷とかの地名が郷愁をそそる。

(黒門というとロードオブザキングに出てくる怖い黒門が連想される)

話も犯罪物というより人情物に近い庶民派である。

毅然として内に厳しさと憐れみを秘めている鬼平に対して、

伝七は頼りになる懐の大きさと、親しみやすくて安心できる暖かさがある。

見ていて心の力が増すような顔なのである。

イケメンがもてはやされている昨今だが、こういう顔はまずいない。