top of page

新カウンセラー自己紹介

初めまして、2024年1月より、しまうまカウンセリングに仲間入りさせていただくことになりました、

カウンセラーのカワイです。どうぞよろしくお願いいたします。

自己紹介として、私の大切なものについて少しお話したいと思います。

『星の王子様』の一節に、「ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない。」というものがあります。

星の王子様を折々に読み返すと心に響く箇所は違ってきますが、この一節は私がカウンセラーとして背筋の伸びる思いで心に刻んでいる箇所です。昨今の風潮から、目に見えるわかりやすい成果や数字から逃れることは難しいものですが、己の中に大切なものは何かを問い続けることで、流されないでいられることも多いのかなと思っています。

カウンセラーとして大切にしていることは、目の前のクライエントと己に対して誠実であることです。いい人でいたいとか、よく思われたいとか、いろいろな誘惑があるものですが、カウンセリングの本質として、何かを代わりにしてあげることではなく、クライエントが自分で問題に取り組めるように手伝うこと、一緒に考えることがあると思うので、誠実であることは常に意識しています。

そして、カウンセラーとしても個人としても、主体性や能動性を大切に思っています。高等教育をキリスト教系の学校で受けたことで、さまざまなキリスト教文化に触れる機会がありましたが、その中でも聖アッシジのフランシスコの平和の祈りが印象に残っています。「主よ、慰められるよりも慰め、理解されるより理解し、愛されるよりも愛することを求めさせてください」という部分は、ある意味人生の指針としているところがあるかもしれません。弱っている時、流された方が楽かなと思ってしまう時、自分を奮い立たせるのは、自分が能動性を発揮できるようにがんばるぞと思わせてくれる一節だからです。

ちなみに、従兄は僧侶で、初詣は神社に行きます!

写真はこの間高尾山に登ってきた時のものです。今年は暑かったせいもあり、まだ紅葉には早い感じでしたが、森林浴を存分にできてスッキリしました。

以後、どうぞお見知りおきください。



bottom of page