根詰まり

最終更新: 2月6日

鉢植えで時が経つと根が伸びて鉢の内側にへばりついたり、

キツキツになって子株が根元から芽が出る隙間もなくなったり、

酸素と水の通りが悪くなって根腐れしたりする。


根詰まりである。

何が悪かったというわけではない。

ただ、大きくなったから根が鉢にぱんぱんに密集したに過ぎない。

しかし、これは生育にはよろしくない。

酸素や水の通りが悪くなると根が養分を吸収しにくくなる。

そこで、取り出して腐った根と古い土を払い、

一回り大きな鉢に植え替えてやる。

普通の鉢なら2年に一度が適正である。


人も何が悪いというわけではなくとも、

成長によって馴染みの環境に合わなくなることがある。

今まで通りのはずなのだが、何か息苦しく新しい動きがとれなくなっている。

風通しが悪く、エネルギーが出せない感じの行き詰まり感。

そういうときは、少し大きな器に替わると健康な根張りにすることができる。

これは心の器を大きくして、自由に動く余地を作ることでもあるが、

根が同じでも植え替えること自体にリフレッシュの意味もある。

そういう根詰まりを一旦空気に触れさせるだけでも新鮮になる。

心の中に封じ込めておかずに、言葉にして口に出して外気に触れさせるのが根詰まり解消である。



shimauma_logo_under.png
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright©️ しまうまカウンセリング All Rights Reserved.